5月27日(水) ポジションが悪くなったら

   

エントリーして買ったのに下がってきてしまった・・・

こんな経験はほとんどの人が体験していると思います。

この時にトモラニがやっていることは1つ

自分のポジションが悪くなる理由をとことん探します。

たぶんこれってみなさん逆の事をやっているのかと思うのですがどうでしょう?

例えばドル円を今売っているとします。

でも昨日からの急騰で損がかさんでいる。

本来ならとっくに損切りをしていなくてはいけないのに、損切りが出来ていない。

こういう時は下がる理由

自分のポジションがよくなるための理由を探していませんか?

実はこれって危険だと思うのです。

自分に都合のよいことばかり探しても結果として傷を深くするだけのことが多々あります。

そのためトモラニは逆の事を探します。

このまま上がる理由を探すのです。

そうするとここでやっぱりポジションを切らなくちゃいけないなと

決断できるのです。

そしてもしまた自分が思った方向に動いてきたら、その時は再度エントリーをしなおします。

ただし本来やらなくてはいけないのは、ポジションを持つときにどこでこのポジションを

諦めるのか?のシナリオを作っておくこと。

実はこれが一番大事です。

自分の負けをどこで認めるのか?ですね。

なかなか負けを認めることが出来ない人もいますが、FXはそもそも負けるのです。

そのため負けてもトータルで考えてプラスになればいいわけなので、負けること=悪ではありません。

負けを認められないこと=悪なんですよね。

資金が残ればいつでもリベンジ可能です。

そのため大切な資金は大きく減らさないようにしたいですね

そういえば

アリーナFXさんのセミナーは今週の金曜日です。

お申し込みはこちらから

 

 

 - メンタル